本と料理と自転車と

弁当男子を始めたアラサー会社員が綴る読んだ本の読書録と作った料理と自転車のはなし

Stage 63:未必のマクベス

未必のマクベス

未必のマクベス

 

これぞ読書体験!と感じられるとても引き込まれるストーリーでした。

この本はリンクはKindle版ですが実際は本屋さんで買いました。

 

そして北上次郎さんの解説を読んでハットしました。

なににハットしたかというとこの本を手に取るまでのストーリーが完全に一致してました…

私も恥ずかしながら、マクベスどころかシェイクスピアなんて一度も読んだことがないし、この作者の本は初めてでした。

がなんとなくこのタイトルに惹かれてこの本に手が伸びました。

まさにジャケ買いならぬタイトル買い!

 

マクベス

さて、内容ですがシェイクスピアマクベスの物語のように登場人物が巻き込まれていくそして主人公がマクベスにそしてその運命は澳門のカジノから始まる。

主人公にとっての(少なくとも最初に気付くポイントとして)ターニングポイントとなるこの地でカイザー・リーや占い師などキープレイヤーよりマクベスの劇中へ引き込まれていく

マクベスは間違いなくキーとなる物語で内容を知っていたほうがスムーズに読み込めると思うけれど、ところどころに解説があるので私のように読んだことがないし内容もいまいちわかっていない読者でもマクベスを知っているつもりになれる。

いつかマクベスも読んでみたい

 

カイザー・リー

間違いなくこの物語でキーとなるこの人物は多くの人がそのモデルとなった人物を知っていると思う。

正直彼の略歴を聞いた段階でモデルが誰なのかはわかった。一方、出版から4年以上がたちこの本で出版当初と今ではモデルとなった人物の運命が大きく変わってしまったが、その運命を知るものとしてこの人物が物語に登場するのも感慨深い

あの事件の前にこの本を読んでいたとしてもあの事件の後でもう一度この本を開きたくなると思った。

 

結末は秘密にしてください

主人公が度々言葉にする

結末は秘密にしてください、なんていう話は、つまらないに決まっている 

という言葉

これ、要は結末がわかってしまった物語はつまらないということだとするならばこの小説はかなりチャレンジングな小説だと思う

なぜならタイトルにマクベスを採用している以上、ある意味手に取る前に結末がわかってしまう物語だから

でも、私は結末を知ってもなお(というかすでに1回読了しましたが)また読みたくなる小説であり、ある意味この主人公の仮定を覆すこの小説はすごいと思う。

 

哀愁漂う東南アジア旅行

主題とは逸れますが、この小説を通じて香港、澳門ホーチミンバンコクなどなど東南アジアを旅しているような気分になりました。

それと同時に私も"王"にならなくても良いけど旅をしてみたい気分になりました。

この小説はミステリーであり、初恋小説であり、ある意味旅行ガイドのような物語でした。

 

 

明日からお弁当復活します!(多分)

それでは

Stage 62:ABC殺人事件

ABC殺人事件 (クリスティー文庫)
 

9月6日の地震からしばらくお休みしてました。

地震のことはまた今度書くと思います。

お弁当は仕事の状況により今月いっぱいはお休みなのでお弁当のまとめは来月復帰で

 

今日はアガサ・クリスティABC殺人事件です。

ずっと読んでみたかった本の一つですが、実はアガサ・クリスティを読むのはこれが初めてです。

個人的にはオリエント急行殺人事件そして誰もいなくなったを最初にと思っていたのですが、これらは原著でトライしたいという気持ちもあり先にこちらの日本語訳版にしました。

すごく翻弄されました!

ほぼ毎ページにふせんがあり、トリックがありでもなかなか犯人がわからない

ちょっと出来過ぎなんじゃないかって思うところもありましたが、ABCパターンとも言われる連続殺人事件を生み出すアイディアはすごい!

 

最後の最後にきっちりと良い意味で裏切られました。

これは正直ストーリーを知っていても楽しめる作品だと思います。

オリエント急行殺人事件そして誰もいなくなったを読むのがより楽しみになりました!

Stage 61:今週のお弁当(FW 35)

こんばんは!

もう夏も終わりですね。

今日はブリューゲル展に行ってきました!

f:id:masaya-09-11:20180902211338j:image

レプリカの絵も買っちゃいました!

バベルの塔と悩みましたが嫁さんと相談して玄関に置くならということで花の絵にしました!

 

さて今週のお弁当の振り返りです。

 

8月27日(調理時間8分)

8月最後の週の始まりは前日夜の残り物で

 

8月28日(調理時間13分)

この日は午前中在宅勤務だったのでお弁当は結局家で食べました…

  • 小松菜とこんにゃくと大豆肉の炒め物
  • プチトマト
  • もやしと鯖缶の炒め物
  • きゅうりの酢の物

 

8月29日(調理時間18分)

前日もお弁当に入れたもやしと鯖缶の炒め物を有効活用

 

8月31日(調理時間18分)

30日は健診だったのでお弁当なし

31日は8月最後、今週最後、そして嫁さんお休みのため嫁さん用最後のお弁当でした。

  • 白菜と人参のポン酢蒸し
  • ほうれん草とポークビッツの炒め物
  • 卵焼き
  • プチトマト
  • 冷凍食品

 

今週もRTやいいねありがとうございます!

来週もよろしくお願いします!

 

Stage 60:今週のお弁当(FW 34)

こんばんは、今日は北海道マラソンでしたね。

いつも走ってるところをプロが走って放送されるってなんか変な感じですね。

用事があったので一般選手が走ってるところも生で観れました!

さて、今週のお弁当振り返りです。

 

8月20日(調理時間20分)

朝から魚焼くと匂い残る気がします…

  • 鶏肉とコーンとほうれん草の炒め物
  • 鯖のごま醤油焼き
  • 冷凍食品

 

8月21日(調理時間10分)

この日はさっぱり味付けの豚肉で

  • 豚肉ともやしの炒め物
  • ハムと卵焼き
  • プチトマト

 

8月22日(調理時間14分)

この日は夜中から朝方にかけて雷雨でした。

瞬間的に停電したみたいでPC落ちたりいろいろ大変でした…

  • ズッキーニとほうれん草と大豆肉の炒め物
  • 焼き鮭
  • 冷凍食品
  • プチトマト

 

8月23日(調理時間8分)

この日はご飯炊き忘れたのでうどんにしました!

 

8月24日(調理時間8分)

この日は夕飯の残り物で時短!

 

8月25日(調理時間12分)

今週最後のお弁当は嫁さん用

  • 卵焼き
  • キャベツの豚味噌焼き
  • きゅうりの漬物
  • プチトマト

 

今週もRT、ファボありがとうございます!

来週もよろしくお願いします!!

 

Stage 59:今週のお弁当(FW 33)

こんばんは

ちょっと遅くなりましたが今週の(もう先週ですが…)お弁当振り返りです。

この週は雨が多くて、雨がやんだらもう秋でした。

 

8月13日(調理時間10分)

週の初めから雨☂️

この日は残り物と冷凍食品使って時短です。

  • 野菜炒め
  • 焼き鮭
  • 冷凍食品

 

8月14日(調理時間18分)

この日も雨☂️

  • 豚肉のバルサミコソテー
  • 冷凍食品
  • ナスとズッキーニのマヨ醤油炒め

 

8月15日(調理時間15分)

終戦記念日も雨でした☂️

  • 炒飯(昨晩の残り)
  • ささみとキャベツの炒め物
  • ほうれん草と卵焼き

 

8月16日(調理時間20分)

この日もまた雨☂️

  • 焼き鮭
  • ホワイトコーン
  • 麻婆茄子
  • 冷凍食品

 

8月18日(調理時間12分)

金曜日はお弁当お休みしました…

そしてついに晴れ☀️

  • ホワイトコーン
  • 人参とほうれん草とハムの炒め物
  • 卵焼き

 

8月19日(調理時間15分)

この週最後のお弁当は嫁さん用

  • 鯖のごま醤油焼き
  • ホワイトコーン
  • プチトマト
  • ズッキーニと人参のマヨ炒め

 

今週もありがとうございます。

来週(というかもう今週ですが…)もよろしくお願いします!

 

Stage 58:今週のお弁当(FW 32)

今週はお弁当少なめでした。

来週はお弁当作れると思います。

それでは今週のお弁当の振り返りです。

 

8月6日(調理時間12分)

数少ない今週のお弁当は嫁さん用だけ

  • ナスの肉はさみ天(惣菜残り)
  • ささみの醤油蒸し
  • プチトマト

 

8月7日(調理時間13分)

今週のお弁当はこれだけ

  • ささみの醤油蒸し
  • 麻婆茄子風炒め物
  • プチトマト

 

来週もよろしくお願いします!

 

Stage 57:アンダーグラウンド

アンダーグラウンド (講談社文庫)

アンダーグラウンド (講談社文庫)

 

 1995年3月20日に発生した地下鉄サリン事件の被害者や関係者へのインタビューをまとめた本です。

村上春樹さんの本は好きなのでこの本の存在は知ってましたが、今回初めて読みました。

 

この事件当時、私は小学校低学年でテレビでこの事件に関する報道やオウム施設への強制捜査などを見ていた記憶はあるものの正直あまり覚えていないし、何か大変なことが起こったんだな程度しか理解していませんでした。

この本に関しても村上春樹さんの書くノンフィクションってどんな感じなんだろうという思いと、内容が重そうだなという推測がありなかなか手を出せずにいました。

そんな中で先月にオウム関係者への死刑執行があり関連ニュースが多く報道されこの本のことを思いだしました。

 

今回のニュースを通じて再び地下鉄サリン事件で何が起こったのかオウムはどのような集団だったのかなど報道をしていて、ざっくりとした内容やテロ事件として被害者数が6000人を超えているなど知らなかったことを知ることができました。

当時の映像や関連する事件、裁判の話などを見るにつれて「絶対的な悪」として扱われるオウムが事件前まで「とんでもキャラ」的な感じでマスメディアに扱われていたということも知りマスメディアでは伝えられないことをもう少し知りたいと思うようになり今回この本を手に取りました。

 

かなり分厚い本で、62名の関係者へのインタビューをまとめたノンフィクションの作品となっています。文体はとても読みやすいですが、内容はかなり重い。

深くて思い話ですが、これは間違いなく読むべき本です。

 

インタビューは被害者一人ひとりの背景から事件当日の話、そして事件後の話と人それぞれの感じ方や被害者目線での事件発生当時の雰囲気などが感じられます。

特に最後の遺族の方へのインタビューは泣きながら読みました。

普通の人が普通の生活を暮らしていたらある日突然いろいろな意味で「普通」を失ってしまう、そしてその普通の人は私だったかもしれない

 

インタビューの最後は村上春樹さん自身が投げかける「目じるしのない悪魔」でしめられています。その中でこのような問いがあります。

「あちら側」の差し出す物語 =中略= それに対して、「こちら側」の私たちはいったいどんな有効な物語を持ち出すことができるだろう?

この問に対して20年以上たったイマを生きる「こちら側」の私たちはまだ有効な物語を持ち出すことができていないのではないかと感じました。

もちろんそれは日本に限った話ではなく、情報が多く流通するようになったイマだからこそ「あちら側」の物語にふれる機会が増え、またそれに惹かれる人が増えている気がします。それは以前のオウムのような実態を伴った組織ではないかもしれないけれども確実にその物語に魅了、心酔するヒトのつながりがあるのかなと

もちろん組織に限った話ではなく、いわゆる「無敵の人」と言われる人たちもある意味「あちら側」の物語に魅了、心酔した人たちなのかもしれない

 

 

今度は「あちら側」をインタビューした「約束された場所で」を読んでみようかなと思います。